逆援助する女性とは

■逆援助する女性

世の中には、逆援助をする女性というのが大勢いらっしゃいます。
逆援助というのは、女性が男性にお金を払ってセックスすることをさします。
援助交際のお金の流れが逆になったバージョンと思っていただければそれが正解です。
女性は、「セックスがしたい」と言えば、よっぽどの人ではない限り男性とセックスできそうなものですよね。
だって男性は女性とセックスしたいと思っている人が多く、童貞である人も多いのに比べて、誰でもいいからセックスしたいとオープンに言っている女性が少ないことから男性の経験不足が問題になっているのですから。
そういった男性に声をかければイチコロで、セックスができるはずなのです。
そうであるにも関わらず、女性は男性にお金を払ってまでセックスをするというのは一体何故なのでしょうか。
どうして女性はセックスにお金を払うのでしょうか。
それは、そうしなければセックスさせてもらえない人であったり、自分に対して自信がないからであったりするからです。

■自信がない

女性というのは、自分の価値が高いことを知っている人もいらっしゃいますし、そういった人は男性に適当に声をかけてセックスを楽しんでいたり、普通の援助交際をしたりしているのですが、そうでない人もいます。
そうでない人というのは、自信が無い人です。
自分はお金を払ってもらってまでセックスをしたいと思われるような美貌でもなければ性格でもスタイルでもない、自分は不細工だからそれはダメだと思っている人です。
しかし、彼女たちも女性ですし、人間です。
性欲が強くなり、セックス願望が強くなってくることもあります。
そんな時、自信がない女性たちは一体どうするのでしょうか。
答えは簡単です。
彼女たちはいかんせん自信がないのですから、お金を払ってセックスをするのです。

■アブノーマルな性癖

また、普通に綺麗で自分に自信もありそうなものなのに逆援助をしている人というのは一体どのような人なのでしょうか。
それは、お金を払わないと自分とのセックスを嫌がる人が多いというような人です。
どういうことかといいますと、一般には受け入れられ難いようなアブノーマルな性癖を持っているということです。
お金を払われたとしても「うげー」となってしまうような性癖を持っているような人は、最低限お金を払わないと誰もセックスしてくれなくなります。
その性癖を隠してセックスしてもつまらないですから、逆援助をして生活できるくらいのお金を払う代わりに、自分の性癖に付き合ってもらおうとするわけですね。

■さいごに

以上が、逆援助をしている女性の特徴でした。
逆援助をする女性は、自信が無い人か、アブノーマルな性癖を持っている人の二つに分けることができるようですね。